カテゴリー: 市販の水素水について

市販の水素水にはこんなメリットが

Published / by suisosui11

市販の水素水には、飲みたいときに手軽に飲めるメリットがあります。
水素水への注目度が高まり、スーパーやコンビニでも購入できるようになりました。近所のスーパーやコンビニに売っていれば、水素水を飲みたいときにいつでも飲むことができます。通販でも販売されていて、自宅に常に保管していればいつでも好きなときに飲めます。
水素水はボトルやマグネシウムスティックなどを使って自分で作ることができますが、作るには時間がかかります。作るまでにかかる時間は製品にもよりますが、10分から1時間ほどです。市販の水素水と違い、飲みたいと思ったときにすぐに飲むことができません。
また、市販の水素水は水素濃度が高いメリットもあります。
一気圧の飽和水素濃度は1.6mmpで、自宅で水素水を作る場合は特別なことをしないとこれ以上水素濃度を上げることができません。製品によってはわずかな量しか水素を入れることができない場合もあります。
市販の水素水の場合は、工場で特別な機会を使って作っているため高濃度な水素水の製造が可能です。充填時の水素濃度は1.6ppm以上になります。保管をしていて次第に水素が抜けていってしまいますが、それでも高濃度を維持されていることが期待できます。
デメリットは費用が気になることです。
アルミパウチパック入りのものだと300ml入り1本が250円から500円ほど、アルミ缶入りのものだと300ml入り1本が300円から500円ほどします。ミネラルウォーターに比べると高額です。