朝起きた後に水素水を飲むのがベスト

美容効果もあると注目されている水素水は、正しい飲み方を理解しておくと効果が高まります。昨今様々なサイトで飲み方をチェックすることができますが、適量を日々飲むことが重要です。
水素水は活性酸素を体内に取り入れると排出する働きを持っており、細胞の酸化を防ぐ効果が期待されています。昨今問題視されている生活習慣病や動脈硬化、アンチエイジングの原因と考えられているのが活性酸素です。この活性酸素を水素水は体内に入ると除去し、体外へ排出しやすい状態にしてくれます。
水素水が含んでいる効果を最大限に引き出すためには、飲むタイミングが重要です。特に朝起きた後で水素水を飲むと効果が高まるので、忘れずに起きたら飲む習慣をつけておくといいでしょう。起きた後は血流が悪くなっており、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしやすいタイミングと考えられています。また水分が最も体内で少ない状態となっており、そのまま運動などを行うと脱水症状などに陥りやすくなります。眠っている間に汗として大量の水分が体内から抜けているので、このタイミングで水素水を飲むのがベストです。
そして水素水を飲む時には、空気に触れさせないことが必要です。出来たての水素水は空気に触れていると、短時間で水素が抜けてしまいます。無色で味からも水素が抜けているのを感じ取るのができないため、生成したらすぐに飲むようにしましょう。美容のために飲むなら1リットル以上飲みたい人もいますが、ベストは1日300から500ミリリットルとなります。飲みすぎると胃腸に負担がかかってしまうので、起床後から少しずつ最大500ミリリットル分飲むようにしましょう。
冷たい飲み物はどうしても胃腸に負担がかかって腹痛を引き起こす人は、常温にして水素水を飲むことが重要です。過剰に水素水を温めてしまうと水素が抜けるため、常温まで温めたところで飲むと水素がしっかりと体内に入っていきます。ライフスタイルも考えながら、毎日飲むようにしましょう。