水素水のメリット・デメリットについて

近年は数多くのミネラルウォーター(水)が販売されていますが、中でも人気があるのが水素水です。
水素水とは水素濃度が高い水のことですが、「大きく分けて「水素水」「活性水素水」「還元水素水」の3種類があります。

最近は市販の水素水が増えてきていますが、市販の水素水のメリット・デメリットについて知らない方のために簡単に解説したいと思います。
市販の水素水のメリット・デメリットは売られている状態によっても異なります。

・アルミ缶、パウチのもの

メリットは、開けてすぐに飲める・保管がしやすいなど。
デメリットは、一度開封してしまったら全部飲み切らなければならないこと。
水素水は空気に触れると抜けやすい性質があるからです。

・水素を発生させるアイテム(顆粒など)

メリットは、自宅でいつでも簡単に水素水が作れる。
デメリットは、作り置きをしておく必要があるものが多く面倒。

・水素水専用のサーバー

メリットは、常に水素水を自宅で飲むことができてサーバーの種類も豊富。
デメリットは、サーバーレンタル料・カートリッジ交換のための費用がかかり、水素以外の不要な成分(金属イオン)も摂取してしまう恐れがある。

水素水はとても分子が非常に小さいため、水分補給が必要な身体の隅々まで浸透させることができます。
ですから、水分を素早く身体に吸収させたいと思うときは、水素水を飲むことをおすすめします。
また、水素水は活性酸素を減らす効果が期待できて老化やガンなどにも効果的といわれています。

ただ、老化やガンなどに対しても効果はまだ確実ではないということで、あくまで水素水は日頃の健康維持をサポートするためのものとして活用するようにしましょう。
また、人によっては水素の過剰摂取をすると体調不良になる可能性があるため、はじめのうちは少量を飲むようにすることをおすすめします。

たくさん飲んでも問題ないと分かったら、時間の経過とともに水素が身体から抜けてしまわないようにこまめに飲むことで、体内に水分が十分に保たれた状態を維持できますよ。